ニュース情報
現在の位置: ホーム > ニュース情報<

モリブデン基ステンレスの基本性能を紹介

リリース:kaiweisteel ブラウズ:467度

 

316と317ステンレス(317ステンレスの性能は下記参照)を含むモリブデンステンレス種類。317ステンレスのモリブデンの含有量は少し上手316ステンレス鋼のために.モリブデン鋼種の総性能に優れ、310と304ステンレス、高温の条件の下で、硫酸の濃度が15%と85%以下より高い時、316ステンレスの広氾な用途。316ステンレスも優れて塩化物侵食の性能ですから、普通に使われて海洋環境。

316Lステンレスの最大の炭素含有量0 . 03に用いることができる溶接後できない焼鈍と最大耐食性用途に

耐食性

耐食性能に優れている304ステンレス、ゼリーと紙の生産過程の中で良好な耐食性能。しかも316ステンレス耐侵食性工業は海洋と大気の浸食。

耐熱性

1600℃以下の中断使用と1700度以下の連続使用中、316ステンレスの耐酸化性能はいい。800-1575度の範囲内で、連続作用316ステンレスないほうがいいが、その温度範囲以外の連続使用316ステンレスのとき、ステンレスの優れた耐熱性。316Lステンレスの耐カーバイド析出の性能をより良い上記316ステンレス使用温度範囲。

熱処理

は1850-2050度の温度範囲で焼鈍、そして迅速に焼鈍、そして迅速冷却。316ステンレス過熱を硬化処理できない。

溶接

316ステンレスの良好な溶接性能。採用のすべての標準の溶接方法溶接。溶接する時の用途によって、それぞれ316Cbを採用し、316Lや309Cbステンレスフィラー溶接棒や溶接棒。は最優秀耐食性、316ステンレス鋼溶接断面行う溶接後焼きなまし処理。316Lステンレスを使用すれば、必要のないを溶接後焼きなまし処理。

典型的な用途

パルプ用設備の熱交換器、機器の染色、フィルム現像装置、配管、沿海地域建物外部用材料。


制品の分類
版権所有泰州市凱威ステンレス製品有限会社 届出号:苏ICP备12004640号 【免責声明】